電動ドライバーの選び方
screwdriver

電動ドライバーの選び方

電動ドライバーの種類について大まかに説明したところで、ここからは詳細な選び方です。市販の商品は様々な種類があるため、以下の3つを参考に自分にあったドライバー選びをしましょう。


   電動ドライバーの種類について大まかに説明したところで、ここからは詳細な選び方です。市販の商品は様々な種類があるため、以下の3つを参考に自分にあったドライバー選びをしましょう。


電動ドライバーの選び方

1. サイズ
  一般的な電動ドライバーは人が手で持ちやすい形状をしていて、サイズ感はそれほど変わりません。ただ、女性にも扱いやすかったり、施工箇所によっては使いやすい小型の機種も販売されています。

   従来のドライバーは長くて太く、ある程度の持ちにくいさがあります。手でしっかり握って回すという性質上、持ち手のところに出っ張りが必要です。まるでペンのようにデザイン、ビットを装着する先端のソケットには、内蔵された磁石により適度な接着感があり、
非常に簡単に取り付け?取り換えることが可能です。小型軽量で電動ドライバー、とても使いやすい。ネジを締めすぎるの場合は、電動モードの上で自動的にロックしますので、ネジを保護します。作業効率がアップします。

詳しくは下記のリンクへ


2. 本体重量
電動ドライバーを使うシーンとして想定されるのが、高負荷がかかりやすいネジ締め作業の利用です。DIY初心者のようにちょっとした家具や雑貨の制作に使うならよいのですが、なかにはプチリフォームなどで高所などの作業難度の高い場所で利用することもあるでしょう。

そういった場合、たとえ数分の作業ではあっても、本体の重量によっては作業能率に大きく関わります。電動ドライバーを確認する時は、本体重量も必ず見ておいてください。


3. 使用用途
    電動ドリルドライバーはクラッチで締め付ける強度が調整できるので、小型家具や木工品の制作におすすめです。大物家具や強固に取り付けたい場合はインパクトドライバーを選びましょう。

   作業台などの屋内使用では電源コードつきの機種がおすすめです。屋外やコードがあると作業しにくい天井などではコードレスタイプが適しているため、自分が何に使う予定なのかを考慮した上で、機種選びを行いましょう。


使用する「ドライバービット」を確認する
   ドライバービットと言う、いわゆる「プラスネジ」「マイナスネジ」と言った、差込口がしっかりと付属されているかを確認するのは、重要な選び方の一つになります。

    使用するネジとドライバービットが合わないと、電動ドライバーとしては役に立ちません。使用するネジのサイズがわかる場合には事前確認を、わからない場合は沢山のサイズが付属している電動ドライバーをチョイスするようにしましょう。


穴を開ける場合には「ドリルビット」を確認する
    穴をあける時に使用する際に先端を「ドリルビット」を接続することで、電動ドリルとして使用できます。

    選ぶ時には、穴を開ける大きさと、穴を開ける材質に対応しているかを確認をしましょう。木工用やコンクリート用では、ドリルビットも変わってくるので注意が必要です。


4. 電源の種類

    電源を使用するため、電気は「充電式」 か「電源」をそのまま繋ぐタイプかというのを確認しましょう。DIY用の簡単なタイプは基本は充電式のタイプが多くなり、バッテリーだけ充電して使用する時はそのまま使うという形が多いです。

    またコンセントなどを繋いだまま使用するAC電源タイプのものは、延長コードなどが必要なこともありますが、長時間の使用に向いてたり、値段が安い傾向にもあります。

   自分がどこで使用するか、という点も確認して選ぶようにしましょう。